家の電源がすぐ落ちる…。ド素人が調べて分かった2つの原因

電力会社を変えてみようと決意し、変更する事をしました。このきっかけは「すぐにヒューズが飛んで電源が落ちてしまう」からです。実際は昔から何度かあったのですが、最近特に落ちることが増えてきて、変えてみようと思いました。私の家庭は2人暮らしで親と住んでいます。なので、あまり電力の消費量は少ない方でそんなに電気代も掛かっていないはず。ほとんど親が生活費を賄ってくれているのですが、性格的には節約家で非常に物を大切にする性格です。例で言うと「履いているパンツもボロボロになるまで履き続ける性格」なので、浪費して色々な電化製品を買って、それを使っているから電力が多く消費され電源が落ちてしまうということもなく質素。なんせ5年前までこの時代でも黒電話を使っていたくらいで、電子レンジすら持っていないという時代遅れな生活スタイルだからです。ですが、電力が落ちてしまう。それも冬の12~2月なんて日に3回ほど飛びます。この理由ですがわかったことがあります。

電源が飛んでしまう意外な2つの理由

電源が飛んでしまう理由として、色々と考察して分かった事が2つありました。その理由は「契約アンペア数が少ない」と「使っている電化製品の消費電力が大きい」ということが大きく分けて理由でした。単純な理由と言えば、それまでなんですが、意外にこの理由は共感するや該当する人もいるかも?なので、とりあえず書くだけ、書いてみました。

契約アンペア数が低すぎると電源が飛びやすい…どれくらいが良い?

まず私の家庭では契約しているアンペア数が20Aでした。電力を気にしている人ならすぐに解ると思いますが、少なすぎるというのがアンサー。通常40Aくらいないと今の家庭電力機器の消費電力状態を考えるとどうやらダメだったようです。

私はそんな知識も何もなかったので、腑に落ちませんが、単純に数値が普通より2倍くらい足りなかったんだな…。ということは理解することができました。私の家は電子レンジもないし、消費電力が高い機械を買ってすらいないため疑問でしたが、なんとなくこれで理解できました(笑)本当に無知だったのでわかりませんでした。ちなみにもうちょっと調べてみると、実は電力計算方法って家庭の場合はVボルトが100が上限らしいです。なので、700w使うと、100Vを割って7A使った事になるようです。これを色々と洗濯機回しながらテレビ見ながら使っていればそれは飛ぶはという話です。

使っている電化製品の電力が意外に高かった…なんで?

私の家では昔からずっと同じ機械を壊れて使えなくなるまで、使い倒します。ちょっとくらいの破損であれば2,3回治し続けて使います。そのため、最新機器の余分なハイテク機能が備わった電化製品はほとんど使っていないという話しなのですが、実はこの認識には間違いがありました。その間違いは「古い電化製品の方が電力消費量が高い場合がある」ということです。たまたま近所のオバちゃんに聞いたのですが、冷蔵庫がそれに当たるようで新しい冷蔵庫のほうが消費電力を抑えて使えるようです。

深い理由は知りません。ただ一説によると15~20年前の電気代金と比べると2倍近く年間で違いが出て来るようです。消費W数が最近の冷蔵庫は進化して性能が上がっているとのこと。でも最近のエコ、SDGsの社会的な動きを考えると、メーカー側もなるべく地球環境を考えた製品作りをしないといけないという政府の方針や世間の目、お客の購買印象を考えた末そういったことを視野に入れた製品作りをしているようです。ちなみに私の冷蔵庫は15年ずっと同じものを使っているので、けっこう日々の電力消費も大きいんだということが分かりました。あと補足ですが、LEDでんきか白熱電球でも金額が変わるようです。調べてみると7,8倍は1日辺りの電気代に差が出て来るようです。新電力会社の比較サイトが非常に詳しく載っているので知りたい人はそこをお勧めします。電気代自体は家庭だと月でも数百円の話なので、そこまで大きくありませんが、色々と電気代を調べてみると面白いことがわかって勉強になります。

まとめ

電力自由化になり、昨今はCMとかニュースとかネットのトップページとかでも嫌でも目に入りますが、冷静に考えると電気代節約は必要なことだと思います。ただワタシの場合はそれ以前に契約している電力のアンペア数が低すぎたという結論でしたが、もしかしたらこういう人ってけっこう多いかもしれないと思ってます。ちなみにアンペア数を20A⇒30Aに変えたとしても基本使用料金が月に200円くらいしか変わらないので、絶対に変えた方が得策だということが分かりました。もし電源が落ちて困っている人はすぐ電話して変えた方が良いです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です